1. ホーム
  2. 自動車、オートバイ
  3. トラック、ダンプ、建設機械
  4. パーツ
  5. 送料無料☆ 12V 24V 72W 26インチ 1P72W (6500K ホワイト) LEDワークライト 作業灯 前照灯 7200LM 1個 投光器 SUV ランクル 建築機械
推奨 国内外の人気 送料無料☆ 12V 24V 72W 26インチ 1P72W 6500K ホワイト LEDワークライト 作業灯 前照灯 7200LM 1個 投光器 SUV ランクル 建築機械 4ego.ru 4ego.ru

送料無料☆ 12V 24V 72W 26インチ 1P72W (6500K ホワイト) LEDワークライト 作業灯 前照灯 7200LM 1個 投光器 SUV ランクル 建築機械

1398円

送料無料☆ 12V 24V 72W 26インチ 1P72W (6500K ホワイト) LEDワークライト 作業灯 前照灯 7200LM 1個 投光器 SUV ランクル 建築機械



商品詳細

『優しい配光』綺麗な白光で、充分な視界が確保されてきます。幅広い照明範囲で、夜間でもしっかりと色味や輝きを伝わります。汎用コンパクトLED作業灯。室内にも屋外や現場作業にも便利です。 

『優れた放熱性』アルミ基板なので、高温にも耐えられる非常に優れた耐熱性・放熱性を実現!! さらに強い耐食性と一定の絶縁性を持って、とっても便利です。

『取付簡単』 狭角タイプ(30度) 取付ステーで上下のライト角度調整可能です. 赤色:プラス極, 水色或ブラック:マイナス極

『具体的に用途』トラックの荷台用の照明、フォークリフトのライト、除雪車のライト、海苔漁の常夜灯、シラス漁の常夜灯、漁船の作業用ライト、トラクターのライト、夜釣りの照明・集魚ライト、漁業用、農業機械用、建設機械等作業用としてご使用いただけます。また、災害時の備えとしても、交通整理や工事現場など様々な場面でも活躍できます。

仕様:  
状態:新品  
アイテムタイプ:ワークライト  
材質:航空アルミニウムシェル  
色:黒電力:72W/1個  
色温度:6500K 
光束:7200lm/1個
LED寿命:30000時間以上  
電圧:DC12V/24V  
作動温度:-40℃-85℃ °

セット内容:    LEDライト*1個    取付ネジ*1式
支払詳細
☆支払方法☆
   ヤフーかんたん決済    

※全国一律 送料無料 !!
  沖縄(+1500円)

発送詳細
配送について
運送会社:
佐川急便&ヤマト運輸amp;ゆうパック
商品は3~7日以内発送iします。           
(運送会社のご指定はお受けできません) 

注意事項
◇    取引連絡について
ネット販売となっておりますので、お電話頂戴致しましても、担当者が不在の場合がございます、取引ナビとメールのみ対応いたします。   

◇    保証について
保証期間は、落札日より三か月以内となります。
 ・保証の際に生じる送料はお客様負担となります。   
 ・初期不良は、お受取から一週間以内にご連絡してください。   
 ・お受取時に必ず商品の確認を行って下さい。    
 ・商品誤送、もしくは不具合商品が届きました場合、迅速にご連絡下さい。               

◇    免責事項
下記の場合は保証対象外とさせて頂きます。
 ・お客様の技術不足・知識不足により正常に取り付けされていない場合,保証対象外となりま   す。必ず整備工場や専門業者にて取付けを行ってください。   
 ・お客様のご都合による商品の返品は原則お受けできませんので予めご了承ください。

◇     キャンセルについて
入札中と落札後のキャンセルは一切お断り致します。
 ・記載事項を最後までよくお読み になりご参加するようにお願い致します。 
 ・落札後一週間以内にご連絡が取り合えないお客様についてはやむを得ずキャンセル処理をさ    せていただく場合もあります。落札者都合によるキャンセルを行った場合はオークションのシス    テム上自動的に落札者にマイナス評価がつきます。ご了承下さい。







送料無料☆ 12V 24V 72W 26インチ 1P72W (6500K ホワイト) LEDワークライト 作業灯 前照灯 7200LM 1個 投光器 SUV ランクル 建築機械

メガバス・グリフォンMR-X ■ Megabass GRIFFON ☆ クランクベイト・ハードルアー・バス釣り・オカッパリ・野池・シャロー・ブラックバス☆ SDダンバイン パート2 ガラバ 未切り品
Amazon.co.jp: TURBOSII 72W作業灯 LEDライトバー 12インチ 車 ledワークライト12V/24V兼用 IP67防水 リレーハーネス付き 高輝度 広角狭角 オフロード トラック/トラクター作業灯 前照灯/車外灯/補助灯/バックライト/集魚灯 軽トラ/農業機械/除雪車/船舶用 (12インチ/72W ...Amazon.co.jp: TURBOSII 72W作業灯 LEDライトバー 12インチ 車 ledワークライト12V/24V兼用 IP67防水  リレーハーネス付き 高輝度 広角狭角 オフロード トラック/トラクター作業灯 前照灯/車外灯/補助灯/バックライト/集魚灯 軽トラ/農業機械/除雪車/船舶用  (12インチ/72W ...
レア! 廃盤 ウェッジウッド ナオミ カップ&ソーサー 黒壺 WEDGWOOD NAOMI 即決 同梱歓迎 [北米版GBA]2 Games In 1 Double Value!: Monster Trucks Quad Desert Fury[ROMのみ](中古)
LEDワークライト 72w 4個 防水 作業灯 投光器 12v-24v 兼用 - メルカリLEDワークライト 72w 4個 防水 作業灯 投光器 12v-24v 兼用 - メルカリ
即決☆Ty BEANIE BABIES「Dart カエル」ぬいぐるみ 19cmBABY ビーニーベイビー ビーニーズ ダート☆WD001
Amazonカスタマー 3
低反発の枕を初めて使いました。横になり頭を乗せた時が一番良い感じですが柔らかすぎて頭が沈みすぎます。セブンスピロー(七ヶ所サポートする)はずが仰向けで寝ると首が浮いて痛くて眠れない、横向きで寝ると沈んで脊椎と首が真っ直ぐにならないので痛くて眠れない。付属のスポンジを付けても私には合わなかった、今までで最低の枕でした。座布団を二つ折りにした物の方が良かった

いちと 5
デオドラントスプレーとしてだけでなく、保湿もしてくれるとのことで購入しました。アロマの香りが強すぎず、自然なので、とても落ち着きます。普段、香水はそんなにつけないのですが、これは大丈夫でした。さらっとしていてさっぱりつけられるのでありがたいです。

長台鉋 平鉋 本鍛 介定 特製 特級 刃幅約67㎜ 台幅約395㎜ 寸六鉋 かんな カンナ 大工道具 工具
楽天市場】サーチライト 12v led 作業灯 12v 24v 広角 72W LEDワークライト 作業灯 12v 24v兼用 1年保証 ワークライト72w作業灯 LED72W作業灯 72w L ワークライト 72W 作業灯72wLED LED 作業灯72w ノイズ対策 集魚灯 船用 : 三島株式会社楽天市場店楽天市場】サーチライト 12v led 作業灯 12v 24v 広角 72W LEDワークライト 作業灯 12v 24v兼用 1年保証 ワークライト72w作業灯 LED72W作業灯 72w L ワークライト 72W 作業灯72wLED LED 作業灯72w ノイズ対策 集魚灯 船用 :  三島株式会社楽天市場店
1-1021T∞ seaside freeride スウェード トートバッグ シーサイド・フリーライド 181373
ヤフオク! - LED 車載 ワークライト 12v 24v 72w フォグラン...ヤフオク! - LED 車載 ワークライト 12v 24v 72w フォグラン...
Amazon.co.jp: TURBOSII 72W作業灯 LEDライトバー 12インチ 車 ledワークライト12V/24V兼用 IP67防水 リレーハーネス付き 高輝度 広角狭角 オフロード トラック/トラクター作業灯 前照灯/車外灯/補助灯/バックライト/集魚灯 軽トラ/農業機械/除雪車/船舶用 (12インチ/72W ...Amazon.co.jp: TURBOSII 72W作業灯 LEDライトバー 12インチ 車 ledワークライト12V/24V兼用 IP67防水  リレーハーネス付き 高輝度 広角狭角 オフロード トラック/トラクター作業灯 前照灯/車外灯/補助灯/バックライト/集魚灯 軽トラ/農業機械/除雪車/船舶用  (12インチ/72W ...
ピチ蔵 3
すぐに接着部から複数穴が空いて危険

☆ TREEHOUSEネイビー 風呂敷 100cm 通販 大判 おしゃれ アクアドロップ ふろしき 山田繊維 むす美 ブランド くじら 撥水 はっ水 モダン
新品 PANASONIC カオス 国産車用バッテリー 安心サポート付き N-145D31R C7 ホンダ ホライゾン 1998年3月-1999年10月 高品質 リヤドロ 01008214 Let Me Help You New in Box 8214- LLADRO 古書 狂言への招待 伝統芸能に観る笑いと風刺 和泉元秀,井上喜代司写真
LED ワークライト LED 作業灯 デッキライト 防水 投光器 72w 12v-24v 照明 重機 作業灯 集魚灯 前照灯 トラック ブルー ジムニー 青 発光(ライト)|売買されたオークション情報、yahooの商品情報をアーカイブ公開 - オークファン(aucfan.com)LED ワークライト LED 作業灯 デッキライト 防水 投光器 72w 12v-24v 照明 重機 作業灯 集魚灯 前照灯 トラック ブルー  ジムニー 青 発光(ライト)|売買されたオークション情報、yahooの商品情報をアーカイブ公開 - オークファン(aucfan.com)
7133 Gino Vannelli Storm At Sunup 同人誌 COCORONICA 栃木発 ¥全国送料一律¥ *正規品* スナップオン Snap-on グリップ 6番 旧ロゴ グリーン 緑 検)Snapon MAC マック ドライバ 柄 シフ メルセデス ベンツ AMG スタッフ つなぎ Mサイズ 希少

臆面のはなし2022年08月14日 12時15分05秒

今朝の朝日新聞の朝刊を見ていて、ひどく驚いたので記事を書きます。
驚いたのは本紙の内容ではなく、1面の下に載っている書籍広告欄で、そこに載った著者の名前を見て、大いに驚いたのです。


そこには、『アルコール症―病院精神医学の四十年―』(メディカル・ジャーナル社)の著者として、石川文之進の名前がありました。しかも、その隣の隣には、『精神医学と俳句』(幻冬舎ルネッサンス新社)と題して、そこにも「石川文之進・著」とあります。

石川という人は、あの酸鼻をきわめた「宇都宮病院事件」の舞台となった報徳会宇都宮病院の当時の院長です。宇都宮病院事件は、日本の精神医療行政の曲がり角となった事件として記憶に刻まれ、今も関係書籍には必ず記載されていますが、その人の著書がなぜ今こうして広告欄に登場するのか? しかも、『アルコール症』は2003年、『精神医学と俳句』は2008年に出た本で、新刊書でも何でもありません。その辺のからくりが謎といえば謎です。

石川氏は、自身の文章【LINK】で、「昭和59年のいわゆる宇都宮病院事件の折には、諸先生方、医学会及び精神科学会各位に大変御迷惑をおかけいたしましたこと、心からお詫び申し上げます。」と述べており、「諸先生方」、「医学会及び精神科学会各位」には頭を下げていますが、患者さんには一言も反省の弁がないことに、その姿勢がよく現れています。そして、事件によって病院の経営から身を引くでもなく、驚くべきことに96歳の現在も「社主」として病院のトップにいます。

   ★

世間には「臆面もなく」という言葉があります。
「臆面」というのは「気おくれした顔つき」のことで、人間あんまりおどおどしても良くないのかもしれませんが、多少は臆面があったほうが人間らしいし、好感が持てます。

ポスト安倍の政局において、いろいろな人間模様を見るにつけ、「よくもまあ臆面もなく」と思うことがしばしばですが、この新聞広告にも似た感慨を覚えました。

名も知らぬ遠き島より2022年08月14日 09時58分29秒

身近にありながら、これまで登場する機会のなかったモノたち。


このところ、それらを意識して紹介していますが、机の脇にころがっている、このヤシの実もそのひとつです。たぶん25年ぐらい前にLOFTの雑貨屋で買ったもので、考えてみればずいぶん長い付き合いです。

   ★

ヤシの実ときくと、すぐに島崎藤村の詩が口をついて出たり、柳田国男の「海上の道」を連想する方も多いでしょう。私より上の世代にとって、それはいわばデフォルトの連想かもしれません。もちろん、私にもそういう「南方ロマン」の影響は及んでいます。

でも、ヤシの実の向こうに見え隠れするもの、そして私の情動を一層掻き立てるのは、さらに個人的な経験です。

まず、何といっても、ヤシの実は私の通った学校の理科室にも置かれていました。
戦前の旧校舎にあった、あの古風な理科室は、私の価値観の根幹を形作っているので、理科室の棚にあったというだけで、ヤシの実の評価は個人的に爆上がりです。

それと、もう一つの思い出。
あれは確か小学校3年生ぐらいのときでした。ある日、父親がヤシの実をもらってきたことがあります。当時、ヤシの実は今よりもはるかに珍しい存在でしたから、ぜひ子どもたちに体験させてやりたいと考えたのでしょう。そして、ヤシの実の水はとても甘くて美味しいのだ…と言って、包丁を突き立てて周囲の繊維を苦労して取り除き、中の硬い殻にキリで穴を開けて、それを子どもたちに飲ませてくれました。

(ウィキペディアから借りてきたココヤシとその実。分厚い繊維層の下に硬い殻があり、その内部にココナツジュースやココナツミルクが入っています。)

その果汁は油臭いような、青臭いような、決して父が言うような美味しいものではありませんでしたが、とにかく貴重な味ではありました。それぞれの家庭には、それぞれ晴れがましい思い出があると思いますが、あのヤシの実は、確かに我が家にとって晴れがましいエピソードのひとつでした。(いま、この文章を書きながら、そのときの匂いと味をまざまざと思い出した自分自身に驚きました)。

そして、私は残った殻を貴重な品として貰い受け、「これは磨くと立派な置物になるよ。油をつけて磨くといい」という祖父の言葉にしたがって、食用油をつけては、せっせと布で磨いたのでした。でこぼこした、細かい凹凸のあるヤシの殻は、磨いてもそんなに艶は出なかったし、父や祖父がいうほど立派な風格も生じませんでしたが、私はあくまでもそれを貴重な品と信じて、結構長いこと手元に置いていました。

   ★

ヤシの実にまつわる思い出は、かように複雑で多義的です。
手元のヤシの実を一瞥すると、子供時代のあれこれや、今はもういない人々のことが一瞬にして思い出されて、しばし感慨にふける自分がいます。

そういえば、今はちょうど死者を迎えるお盆の時期ですね。
ツクツクボウシが鳴き、晩夏の哀愁を感じる時期でもあります。

ぎょちょうもく、申すか申すか2022年08月13日 11時00分30秒

みんなで輪になって座り、魚・鳥・木の名前を言い合う「魚鳥木(ぎょちょうもく)」という伝承遊びがあります。考えてみれば、あれはなかなか博物趣味に富んだ遊びでした。

   ★

ドイツのカードゲームを見ながら、そんなことを思い出しました。


外箱には愛らしいベニテングタケの絵の脇に「Naturgeschichtliches Quartett Spiel」(博物学カルテットゲーム)とあって、さらに、「美麗な多色カード。花、虫、鳥、などなど」、「印刷・発行 エルンスト・カウフマン社 バーデン州ラール市/ニューヨーク、スプルースストリート7-11」と書かれています。

カウフマン社は1816年の創業。驚くべきことに現在も盛業中です【公式サイト】。
初代はあの石版技術の発明者・ゼネフェルダーに直接学び、その後、多色石版の流行とともに事業を拡大し、ニューヨークを含む海外に出店したのは1880年のことだそうです。このカードゲームも1880~90年代のものと思います。


中身のカードは、いろいろな生物が4枚1グループになっていて、全15グループ、総計60枚のカードから成ります。


Iグループは甲虫の仲間です。絵の下に2列4行にわたって生物名が書かれていますが、一番上に書かれているのが、当該カードの生物名です。左側はドイツ語、右側はフランス語の一般名。そして残り3行が、同じグループを構成する他の生物名で、これを手がかりに「仲間集め」をするわけです。


上段からV(果樹)、VI(野菜)、VII(実のなる木)の各グループ。


同じくXII(キノコ)、XIII(野の花)、XIV(ベリー類)。
カウフマン社ご自慢の多色石版技術が光っています。


中にはちょっと不思議なグループもあって、中段(IX)の鳥の巣も突飛だし、上段(VIII)は蝶グループのようですが、左端には蛾が1匹まじっています。まあ、分類学的に両者は同じ仲間だし、ドイツ語では蝶と蛾を区別しないので、これは理解できます。でも、下段(X)の蜂グループに、トンボが1匹まじっているのは、かなり苦しいです。


このXIグループになると、毛虫、アリ、クモ、バッタと、強いて言えば「雑多な虫」でしょうが、もはやグループの体をなしていません。

まあ、ごく少数のカードで博物趣味を語るとすれば、多少正確さが犠牲になるのもやむを得ません。それよりも、こういう愛らしいカードで身近な生物に対する関心を育み、ゲームを通じて「分類」という作業に慣れ親しむのは、大いに是とすべきことで、その意気に感じます。

   ★

以下、おまけです。

カルテットゲームは、カードをやりとりしながら、4枚1グループの「仲間」をできるだけ揃えた人が勝ちという遊びです。これまで天文モチーフのカルテットゲームを集めていた関係で、手元には既に何種類もあるのですが、実のところ、その詳細な遊び方はよく知りませんでした。この機会にそれを調べてみたので、メモ書きしておきます。

カルテットゲーム(Quartett Spiel)は、上述のように4枚1グループの「仲間」集めをすることからその名があります。でも、ゲームの性質を考えると、これは別に5枚1グループでも、6枚1グループでもよく、またグループ数も、たまたま今回のものは15グループですが、これまた任意のグループ数で差し支えないわけです。

カルテットゲームはドイツの専売特許ではなくて、英米にも、フランスにもあって、英語圏だと「ゴーフィッシュ」の名称がポピュラーで、そう聞くと、私もかすかに遊んだ記憶があります。あれは普通のトランプを使って、同じ数字のカード4枚をグループに見立てて遊ぶカルテットゲームの一種だったわけです。

あるいは「ハッピー・ファミリーズ」という、専用のカードを使って遊ぶゲームもあります。こちらは「○○家」の家族メンバーを揃えていくという遊びですが、こちらは5枚で1グループだったり、6枚で1グループだったり、いろいろバリエーションがあります。

で、私は知らなかったのですが、この「ハッピー・ファミリーズ」は日本にも古くから移入されていて、「家族合わせ」の名称で、戦前から親しまれていたそうです。その家族合わせゲームの詳細を、ネットで解説されている方がいて、そこから遡って本家のカルテットゲームの遊び方も、ようやく見当が付いた次第です。

■伝統ゲーム紹介:家族合わせ(概要)
■同:家族合わせの遊び方
(ここには3種類の遊び方が解説されています。カルテットゲームもきっと同じでしょう。)

愛鳥趣味と鳥のゲーム2022年08月11日 14時56分42秒

バードウォッチングを楽しんだりする愛鳥趣味というのがあります。
手っ取り早く、ウィキペディアの「野鳥観察」の項【LINK】を参照すると、以下のように記述されています。

 「趣味としての探鳥は、1889年英国王立鳥類保護協会が設立され、野鳥を捕殺したり飼育することを禁止しようということで、鳥を見て楽しむことが奨励された。20世紀に入り、欧米を中心に広がった。日本においては、昭和10年〔1935〕ごろ中西悟堂らによって提唱され現在に至る。」

まあ大枠はこういうことなのですが、さらに「英国王立鳥類保護協会(RSPB)」のサイトを見に行ったら、私がぼんやり考えていたこととは、いささか違うことが書かれていて、大いに蒙をひらかれました。


■The Royal Society for the Protection of Birds(RSPB)のサイトより
 「Our history」のページトップ

同協会の歴史のページには、冒頭に2人の女性の写真が掲げられています。
左の女性はEmily Williamson(1855-1936)、右の女性はEtta Lemon(”Etta”は通称。本名はMargaretta Louisa Lemon、1860-1953)で、さらにもう一人、Eliza Phillips(1823-1916)を加えた3人の女性がRSPBの創設者です。

協会が創設された1889年当時、はなやかなファッションの世界では、鳥の羽毛や鮮やかな飾り羽が大量に消費されていました。そのため、野生の鳥類、コサギやカンムリカイツブリ、ゴクラクチョウなどは実際絶滅の危機に瀕していたのです。しかも、そうした深刻な事態に対して、男性のみに門戸を開いていた英国鳥類学会は、何のアクションも起こさない―。そのことに業を煮やした末に、彼女たちは立ち上がったのです。

その動きは一時の激情にかられたものではなく、非常に息の長いものでした。
1904年には勅許を得て「王立」を名乗ることが許され、鳥類保護協会は「王立鳥類保護協会」になり、そして多年の努力が実って、「羽毛輸入(禁止)法(The Importation of Plumage (Prohibition) Act)」が議会で成立したのは、実に1921年のことでした。

ピ-ターラビットの作者、ビアトリクス・ポッター(1866-1943)は、若い頃生物学への関心が強く、特にキノコの研究では立派な業績も上げていたのに、学会が女性の参加を拒んだために、やむなく絵本作家に転じたことはよく知られています。それだけ学問の世界が女性に対して抑圧的だったわけです。その抑圧されたエネルギーが正当な出口を見出した時、いかに大きなことが成就されるか、RSPBの歴史はそのことも物語っているように思います。

そしてこの間、世界の潮流も大きく変わりました。1899年にはドイツ鳥類保護協会とオランダ鳥類保護協会が、1905年にはアメリカではオーデュボン協会が、1912年にはフランス鳥類保護連盟が誕生し、民間主導の自然保護運動は商業主義に対抗し、多くの成果を挙げたのでした。(この段落は、日本大百科全書「動物保護」の項を参照しました。)

   ★

穏やかな愛鳥趣味の背後に目を向ければ、そこには熱い歴史があります。
下はそんな熱い時代に生まれた「鳥のゲーム(Game of Birds)」です。

(チョコレート色の箱の大きさは9.5×20.5cm)

発売元の「パーカー・ブラザース」は、1880年代創業のアメリカの老舗ゲームメーカーで、1935年にはあの「モノポリー」を手がけて大儲けしたそうです。同社が20世紀の始めに売り出したのがこの鳥のゲームで、これも当時かなり売れたらしく、今でもeBayでは普通に売られています。

このゲームが人気を博したという事実と、上のような鳥類保護の歴史を考え合わせると、この他愛ないカードゲームに対する見方もいくぶん変わる気がします。

(黄色のチップがビニール袋に入っているのは、後の持ち主の工夫です)


トランプと同様、カードは4種類のスートから成り、各スートは1~13の数字が振られています(すなわちカードは全部で52枚です)。4つのスートはAシリーズ、Bシリーズ、Cシリーズ、Dシリーズと呼ばれ、Aは「攻撃的な鳥(fighting birds)」、Bは「派手な色の鳥(birds of bright plumage)」、Cは「森や荒れ地に住む鳥(birds who haunt the woods or wilds)」、Dは「身近な鳴く鳥(our song birds)」を表しています。

(A~Cの3種のスートについて、1番から5番まで並べたところ)

ゲームは、すべてのカードをプレイヤーに配ったあと、プレイヤーが順番に「親」となって、1枚ずつ手札を場に出しながら進みます。場に出すのは、原則として「親」が出したのと同じスートのカードですが、スートA(攻撃的な鳥)はいつでも出すことができ、他にAのカードが出ていなければ、その場のカードを全取りできます(A同士だと数字の大きい方が勝ちます)。しかし、やみくもカードを取ればいいというわけではなくて、カードの中にはババ、すなわち手元にあると減点になるカードがいくつかあって、それをどのタイミングで相手に取らせるか、その辺の駆け引きがゲームを面白くしています。
(ゲームの詳細はこちら【LINK】を参照のこと。)

(2つ折り4ページのゲーム解説。左上に写っているのはカードの裏面で、すべてのカードで共通です)

   ★

日ごろ登場しないものを簡単に紹介しようと思いましたが、他愛ないように見えても、調べ始めると、やっぱりいろいろな歴史がそこにはあって、モノがたりは尽きることがありません。

七宝十二星座2022年08月08日 11時34分19秒

あまり話の流れに必然性がありませんが、暇にあかせて、日ごろ登場する機会のない品を載せます。

(直径20センチ)

いつもは物陰に隠れている七宝(エナメル)の絵皿です。
5年前にふと見つけたもので、売ってくれたのはカナダのバンクーバー島の人ですから、まあ「北の海」つながりではあるかもしれません。


織部調というか、九谷調というか、緑を中心としたその美しい色合いに惹かれたのですが、いまだに「きれい」という以上の使い道はなくて、そもそもが「飾り皿」なので、飾る以外の用途は、最初から無いのかもしれません。

(皿は全体が金属製で、飾るためのフックが付いています。)

売り手は「エスニック」とか「ミッドセンチュリー」をキーワードにしていました。このフォークアートっぽい感じは、私の記憶にも触れるものがあって、あるいは1960~70年代ぐらいのものかもしれません。


周囲のうろこ模様は、内側から白・緑・黄で塗り分ける予定だったのでしょう。でも、途中から釉薬が塗られず空白のままになっています。よく見ると、星座の絵柄もところどころそうなっていて、途中で面倒臭くなったのか、色彩に変化を出したかったのか、正確な理由は不明ですが、そのいかにも気まぐれな感じが、ものぐさな私の共感を呼びます。


北の海へ2022年08月07日 18時16分28秒

夏の風物詩である、甲子園の熱闘が始まりました。
特に野球ファンでなくても、スイカやかき氷を食べながら甲子園を観戦することは、歳時記的な感興を催すことで、このひとときの平和に感謝しながら、ついテレビに見入ってしまいます。

   ★

今日は涼を呼ぶ品を載せます。


昨日につづき、古い幻灯スライドです。


ハンドルを回すことで絵柄が変化する「メカニカル・ランタン」の一種で、カーペンター・アンド・ウェストリー社(ロンドン)が、19世紀半ばに売り出したものです。


その絵柄は、北の海をただよう氷山の景。
氷山は南極にも北極にもありますが、南極の氷山は、平らな棚氷がそのまま海中に漂い出したものであるのに対し、氷河がちぎれてできた北極の氷山は、こんなふうにてっぺんがギザギザしているのだそうです。

メカニカル・ランタンといえば、はでな視覚効果で見る人を楽しませるのが常ですが、この幻灯スライドは、ハンドルをくるくる回しても、「あれ?壊れているのかな?」と思うぐらい、変化がありません。でも、よーく見ているとその変化に気づきます。

下の写真は購入時の商品写真の流用で、ボックス式の外蓋を外して、内部の仕組みを見たところです(私自身はまだ中を見たことはありません)。


スライドは絵柄が3枚重ねになっていて、固定された背景の上を、2枚の絵柄がゆっくりと上下左右に、微妙に回転運動をします。それによって、手前の波の絵と、遠くを舞い飛ぶ海鳥が、妙にリアルな動きを見せてくれます(いわゆる「ぬるぬるした動き」ですね)。


その動きは決して派手ではありませんが、それだけに臨場感に富んでいて、水の音や、鳴き交わす鳥の声が、すぐ耳元で聞こえてくるような気がします。


青い鳥2022年08月06日 08時10分24秒

最近の買い物から。


いささか季節外れですが、オリオン星雲の幻灯スライドです。
販売者は、イーストロンドンのモーティマー通り82番地にあった幻灯機器の店、「W. C. ヒューズ商店」(創業者はWilliam Charles Hughes、1844-1908 【LINK】)で、ラベルを見ると「天文学シリーズ」の第49番にあたるようです。


オリオン星雲は人気の被写体ですから、そのスライドも無数に存在しますが、このスライドの特徴は、なんといってもその色合いです。青い光をまとった、ほの白い姿。空をゆく巨大な鳥のようでもあり、蝙蝠のようでもあり、天使のようでもあります。もちろん、実際の夜空はこんなふうに青みを帯びているわけではありませんから、これは人々のイメージの中だけに存在する姿です。


   ★

今日は8月6日。
あの日焼かれた無数の魂を、天の翼がどうか平安の彼岸へと導いてくれますように。

(ルネ・マグリット「大家族」、1963)

七夕短冊考(その7)2022年08月04日 18時39分24秒

身近にひたひたとコロナの足音が迫るのを聞いたかと思うと、気が付いたら自分自身が斃れていた…。まあ本当に斃れたわけじゃありませんが、布団に倒れ込んでいたのは本当です。先週の金曜日から様子がおかしくて、土曜日に検査したら陽性。39度台の高熱が出たのは最初の2日間ぐらいで、今はこうして机の前で普通に過ごしています。

この間ずっと、いつもブログの写真に写り込んでいる書斎に布団を持ち込んで、そこで缶詰になっているんですが、この部屋は元々狭いうえに、いろいろなモノが集積しているので、布団をきちんと敷くこともままなりません。そして自分の趣味とはいえ、剥製とか標本とか人体模型とかに見下ろされて、その隙間で体をくの字にして寝るというのは、病気療養のあり方として好ましいものではありません。呼吸器の病気にはことによろしくない感じです。


一晩だけならまだしも、連日連夜この空間に閉ざされていると、何だかいたたまれない気になって、このままここで入定して即身仏と化すんじゃないか…という気すらしました。今は気分的に楽になりましたが、一昨日ぐらいは残りの療養期間が途方もなく長く感じられたということもあります。

そこで即身仏の積ん読本を読み出したら、現実のミイラ仏の背後には、なかなか切実な事情があることを知って、粛然としました。即身仏になるのも大変です。(でも、条件がそろうと、人間の遺体は意外と簡単にミイラ化するそうですね。沙漠地帯ばかりでなく、湿潤な日本でも、お寺の土塀のくぼみとか、橋の下とか、ひょんなところからミイラが発見された例が本には書かれていました。)

   ★

さて、ブログを放置しているうちに、今日はいつの間にか8月4日です。
以前書いた旧暦の七夕がいよいよ今日。だらだら書いた短冊の話も、ちょっと中だるみの感があるので、この辺で話をおしまいにしなければなりません。以下、はしょって書きます。

戦後の幼児教育の本として、今回以下の3冊を眺めてみました。


■松石治子(著)『子供のための幼児教育十二か月』(ひかりのくに昭和出版、1958)


■富永正(監修)・奈良女子大学幼稚園(編)『園の年中行事』(同、1962)
■舘紅(監修)『心にのこる園行事(保育専科別冊)』(フレーベル館、1979)

これらの中に「短冊の謎」はもちろん書いてなくて、そもそも短冊への言及もほとんどありません。力が入っているのは、むしろ各種の七夕飾りの製作です。

例えば1962年に出た『園の年中行事』を見ると、「ささ飾りをするにしても、従来のきまりきった短冊などにこだわらず、画紙・色紙・セロファン紙などを使って工夫創作することを教え」云々とあって(p.104)、短冊は雑魚キャラというかモブ扱いですね。ただ裏返すと、この書きぶりからは旧来の「天の川」「七夕さま」式の短冊が、まだこの頃は健在だったのかな…という推測も成り立ちます。

(園行事としての七夕。『園の年中行事』より)

以下は、そのもうちょっと前、1958年に出た『子供のための幼児教育十二か月』の1ページです。


イラストの笹飾りには、たしかに「天の川」と書かれた短冊がぶら下がっています(p.111)。さらに、同じページには、「七夕まつりの仕事」として、以下の活動例が挙がっています。

○短冊形の紙に画をかく(自分のすきな画をたてにかく)
○折紙で輪つなぎを作る
○折紙ですきな物を折る
○色紙で短冊やあみ等を作る
○色紙できものやほおずきを作る
○画用紙で星や胡瓜やすいか等を作る
○大きい星形の冠を作って彩色をして、それを冠ってリズムあそびをする
○笹竹を飾ってみんなで歌やリズムやおはなしなどをしてあそぶ

今とあまり変わらない感じもしますが、ただ戦後13年が経過したこの時点でも、「短冊イコール願い事」という定型(お約束)の成立は、まだ確認できません(別の個所(p.113)には、「七夕の笹に、色紙や短冊をかざりますね。短冊に自分の名前や、天の川、と書きますね。」ともあって、やっぱり願い事は書いてなかったようです)。ただ、短冊形の紙に自由画を描くという活動が、その萌芽のようにも思えます。(余談ながら、ここに出てくる「きものやほおずきを作る」とか、「胡瓜やすいか等を作る」とかは、相当古い習俗をとどめていますね。民俗が園の中で生きていた時代でもありました。)

最後の『心にのこる園行事』(1979)を見ると、七夕飾りにもプラスチック工作が登場していたり、すっかり今風になっています。

(p.86。左上のプラボトル製の魚に注目)

この本で興味深く思ったのは、「七夕のいわれ」というコラム記事です。
そこには「〔…〕江戸時代になると、一般にも広く行われるようになって、現在のように竹や笹の枝にいろいろな願いを書いた短冊などを結びつけて飾ったり、これを川に流したりするようになりました。」と書かれていました(p.83)。


もちろん、こんなふうに話が単純だったら、私がここまで字数を費やす必要もないわけで、この記述は明らかに事実誤認を含むのですが、この1979年の時点では、保育現場で短冊に願い事を書くことが自明視されるまでになっていたことを示すものだと思います。

   ★

他にも、これは小学校での例ですが、毎年七夕の時期になると、教え子に願いごとを作文に書かせ、それを文集にまとめた先生の実践記録とか[1]、班ごとに七夕飾りを製作し、短冊に書いてある自分の願い事を発表しあった例とか[2]を目にしました。いずれも1960年代後半のことです。

ひょっとしたら、短冊に願いごとを書くのは、小学校での教育実践が先行しており、それが幼稚園・保育園に下りてきた可能性もあります。いずれにしても、全国津々浦々で、七夕竹に願いごとを書いた短冊がぶら下がるようになったのは、1960年代を画期として始まり、70年代に入ると、それが新たな習俗として確固たるものとなった…という新たな仮説を提示して、一応この項を結んでおきます。

無理やり七夕に間に合わせましたが、どうもあまりパッとしない内容で、空の方も今夜は涙模様ですね。今年の七夕はいろいろあかんかったです。


(この項おわり)

--------------------------------
【註】

[1]  鴨井康雄(編)『明日を呼ぶ子ら―重い障害をもつ子どもと教師の記録』、明治図書、1970. pp.58-59.及びpp.102-110.

[2] 今回の記事はGoogleの書籍検索にだいぶ助けられました。その中で見つけたのが、次の引用文です。

「できあがってから七夕祭をしました。各班ごとにできあがるまでのようすを発表しあい、ひとりひとりが立ちあがってたんざくに書いてある自分の願いを読みあげぎ(とうもろこし)早くくいたいなあ」。はじめ子どもたちは前の経験から「七夕 ...」

これが引用の全文で、前後は一切分かりません。Googleの書籍検索でひっかかる古い資料は、たいていアメリカの大学がスキャニングしたもので、著作権の関係で日本からだと断片しか読むことができません。しかも、多様なレイアウトの資料を無理やり機械に読ませているので、意味不明の判じ物のようなものが多く、内容を確かめるには別途原典に当たらないといけないのですが、これはまだ原典に行きついていません。

一応の出典は、「Bunka hyōron - 第 76~81 号 - 12 ページ - 1968」となっていて、おそらくは「文化評論」(新日本出版)第78号(1968年3月号、特集・教師の記録―次代の日本のために)掲載の文章ではないかと想像しています。ちなみに同号の12ページは吉成健児氏による「分校の子どもたち」という記事です。国会図書館からコピーを送ってもらえばはっきりするのですが、そこまでするか?という気もするので、これは今のところ参考引用です。

七夕短冊考(その6)2022年07月24日 07時31分28秒

昨日は空の青が濃い日でした。
夏の日差しはあくまで強く、でも空気がカラッとして、風も吹いていたので、木陰に入ればぐっと過ごしやすく、盛んな蝉の声も耳に心地よく響きました。昨日の最高気温は32度でしたから、まあ人間的な暑さの部類といえるでしょう。そういえば、昔の夏はこんな感じではなかったか。このところ毎年異常な暑さで、夏の良さを忘れがちでしたが、こういう夏ならば、私は大いに歓迎したいです。

   ★

さて、七夕の話題。

その後もあれこれ考えていましたが、昔の人も短冊に願い事を書いていたのは事実としても、それはどちらかといえば「孤立例」で、それが現代の七夕風景とシームレスに接続しているわけでもないので、やっぱり<昔の七夕>は多くの場合、紙絵馬的短冊とは無縁であった…と言ってしまっていいのではないでしょうか。例外が存在するからといって、通則はひっくり返らないものです。(自分でもかなりいい加減なことを書いている自覚がありますが、あまりここで足踏みしていると話が前に進まないので、強引にまとめておきます。)

   ★

次に、戦後の七夕に及ぼした公教育(幼児教育・幼児保育も含む)の影響を考えてみます。まあ、なかなかそう都合のいい資料はないのですが、ちょっと面白いと思ったデータがあります。


今から30年近く前、1994年に出た『都市の年中行事―変容する日本人の心性』(石井研士著、春秋社)に掲載の以下の表です。

(上掲書p.20)

石井氏が当時の大学生(都内のキリスト教系の女子大学と共学の大学、および国学院大学の3年生)を対象に行ったアンケート調査の結果です。90年代当時の大学生ですから、対象となったのは今では50歳ぐらいの人たちでしょう。

いろいろな伝統行事、それと戦後の新行事をとりまぜて、「それを現在もやっている」か、「かつてはやったことがある」か、「やったことはない」か、「そもそも聞いたこともない」かを答えてもらった結果です。

これはなかなか面白い表で、いろいろなことを考えさせられます。
中でも注目すべきは七夕で、「かつてはやったことがある」と答えた学生が63.6%と突出して多くなっています。これより数字が高いのは、最初から幼児限定の「七五三」だけですから、年中行事における七夕の特異性が、この数字によく現れています。しかも「やったことはない」と答えた学生はわずかに1.3%で、これまた極端に少ないです。

要するに、七夕はほぼすべての学生が経験しており、その多くは子ども時代に限って経験していることを示すもので、その背景に、幼稚園や保育園、あるいは小学校低学年での七夕体験があるんではないかなあ…というのが、私の想像です。
(でもその一方で、35%もの学生が「今も七夕をやっている」と答えたのは不思議です。あるいは、商店街や観光地の七夕イベントに参加することを、「やっている」うちにカウントしたせいかもしれません。

   ★

戦後の七夕隆盛の陰に公教育の存在を想定するならば、幼児教育の本を参照すれば、その辺のことはただちに分かるだろうと思いました。たとえば、「昔の七夕は封建主義の遺制であったが、今や民主と男女平等の世である。これからは男女を問わず、短冊に自由な願い事を書いて、子どもたちの個性と創造力を大いに伸ばしていこうではないか」云々…というようなことが、戦後出た本を開くと書いてあるような気がしたのです。

でも、これまたそんな都合の良い本はなくて、「うーん、これはちょっと勝手が違ったなあ…」と思いましたが、とりあえずファクトとして、昔の幼児教育書における七夕の扱いを見てみます。


(暑さに負けずこの項つづく)

--------------------------------------
(※)石井氏の本には「現代の七夕」に直接触れている箇所もあるので、参考までに引用しておきます(上掲書pp.189-191)

 「伝統的な年中行事の変容を知りたいと思って、七月七日の七夕に銀座、新宿、池袋のデパートを合わせて九店はしごしてみた。それぞれの地域のデパートがひとまとまりになって、七夕商戦を繰り広げていたからである。ただし、「たなばた」とはいわない。銀座・有楽町が「ラブ・スターズ・デー」、新宿が「サマー・ラバーズ・デー」、そして池袋が「スター・マジック・デー」である。消費者に購買意欲を起こさせるためには、名称変更はいともたやすい。会場にはハート型の短冊などを吊るす竹や星型の籠が置かれていたが、どこも賑わうというほどではなかった。浴衣を着た受付の女性の所在なさが妙に印象に残った。今でも保育園や幼稚園に行けば、笹の葉にたくさんの短冊の下がる光景を見ることはできるし、七夕の歌も聞こえてくるかもしれない。しかしながら「大人たちの、七夕」(銀座)は、露骨に商業主義的な色彩が強い。「七夕」が「ラブ・スターズ・デー」となることで、本来の季節感は失われ、たんなるお中元商戦のひとこま、若者への販売拡大のための機会と化したように思える。」

行事も世につれ…ですね。デパートの退潮もあり、この30年間に限っても、七夕風景は常に変容しているのを感じます。

(上掲書p.190)

七夕短冊考(その5)2022年07月19日 20時47分54秒

私が何となく思い描いた「七夕の短冊問題」の見取図は、以下のようなものでした。

「今のように、願い事で百花繚乱の「紙絵馬的短冊」が登場したのは戦後になってからで、それはおそらく幼児保育や小学校教育の中で生まれ、かつ普及したのだろう。それに対して、戦前の短冊は「天の川」や「七夕」などごく少数の定型表現と、昔の詩歌を写した「書・歌道的短冊」に限られていた。」

これまで見てきたように、この推測は“大外れ”はしてないと思うんですが、では何をそんなに手こずっているかといえば、戦後における「紙絵馬的短冊」の誕生の時期をいまだに特定できないことがひとつ、それともうひとつは、本当に昔(戦前)は紙絵馬的短冊がなかったのか?と問われると、ちょっと自信がないことがあります。

何しろ七夕習俗というのは、時代により所によりさまざまな形をとったので、冒頭のように単純化してものを言うと、必ず例外(反例)が生じて、話が複雑になります。

  ★

まず、2番目の手こずりの原因を先に考えてみます。
すなわち、昔は紙絵馬的短冊はなかったのか?という点について。

先日の愛知県安城市の古老たちは、「確かになかった」と証言していました。
それでも探してみると、すぐ次のような例が見つかります。

話者の今泉みね(1855-1937)は、蘭方医・桂川甫周の二女として江戸に生まれた女性です。彼女が晩年の昭和10年(1935)に、幕末から明治初年にかけての思い出を息子に語って聞かせた口述筆記が『名ごりの夢』で、その後、平凡社東洋文庫の1冊に収められ、今は平凡社ライブラリーにも入っています。

その彼女が語る七夕の思い出にこうあります(太字は引用者)。

 「七月ときいて忘れられないのはやっぱり七夕でございます。今は子ども達の雑誌の口絵で見るくらいのものですけれど、あのころの七夕様と申しましたらずいぶん戸ごとに盛大だったようでございます。誰も誰もが人に知れぬ願い事が叶うという信仰を持っていたしましたのですから、考えると無邪気で可愛らしいくらい。欲張りはいずれ着物が欲しいとか帯が欲しいとか、あるいはまたどこそこへ縁づきたいなどという一筋の思いを書いたものもあったでしょう。書いてぶら下げて行き方も分からないようになったら願いは叶うと真正直に思い込んでいました

 〔…〕なんでも一と月ぐらい前からその心掛けで支度していました。一年がかりの願い事ででもあったのかもしれませんが、一生懸命書いて笹にぶらさげます。

 〔…〕さげるものは、色紙とか短冊とかそれに絵の入ったものなどもあって、〔…〕そして文言はただの言葉もありましたし、風流に三十一文字(みそひともじ)にするのもありますので、この七夕がゆくりなくも歌のけいこにもなり、この機会にたちのよい歌が詠めるようになるものさえございました。」(東洋文庫版pp.154-155)

こうはっきり述べている以上、少なくとも江戸の人は、短冊に願い事を書いたと考えざるを得ません。

そもそも、七夕様と願い事は昔からセットになっていました。
願いをこめて七夕竹に五色の糸をかける「願いの糸」というのは、俳句の季語にもなっていて、江戸中期の服部嵐雪や、与謝蕪村も句に詠んでいますから、少なくとも都市部(江戸)ではおなじみの風俗だったことでしょう。やがてその「五色の糸」の役割が、「五色の短冊」に移ったとしても、ごく自然な流れのように思います。

(江戸の七夕の賑わい。歌川広重「名所江戸百景」より。出典:https://www.library.metro.tokyo.lg.jp/portals/0/edo/tokyo_library/modal/index.html?d=5431

ただし、江戸で盛んだった七夕祭りは、明治の末にはひどく衰えて、ほぼ伝統が絶えたらしいので(※)、江戸の習慣がそのまま引き継がれて、後の「紙絵馬的短冊」につながったとも考えにくいです。


 「〔…〕こう大々的に七夕祭を年中行事のひとつとして、いまだに賑々しく発展している東北地方に比べて、関東地方はあまりにも心細い状態である。〔…〕まして東京では、前から東京府として、また東京都として七夕祭を行事とした記憶がないから面白い。

 日本の古来からの五節句のひとつにも関わらず、力こぶの入らないのが不思議にさえ思いながらの現在である。

 〔…〕東京では集合の七夕祭を盛大に行わないのは、今日だけでなく、明治の末期に女学生であった姉の話でもわかる。」

でも、その鮎貝氏にもこんな思い出がありました。

 「しかし、私はもの心ついた幼稚園のころから小学校時代にかけて、この七夕祭は星を祭る美しい夢のある物語として教えられ、七夕祭を行ってきた記憶が、愉しくも懐かしくも甦ってくる。〔…〕それは母よりも、出戻りの美しい伯母の感化かもしれない。
 彼女は物凄いお洒落の上に、几帳面な折目正しいことを好む女(ひと)で、五節句の行事は一手に引きうけて重んじていた。〔…〕

 七夕祭もこの調子で、伯母は竹を伐らせたのを取りよせて、それ「七夕や」そら「天の川」と書くものと促したものである。それに若し願いごとがあったなら、一年に一度のことであるから、遠慮なくそれを書くようにともいった。」

こうしたエピソードを前に、「昔は短冊に願い事を書いた」と言うべきか、「書かなかった」と言うべきか。江戸・東京というピンポイントで見てもこんな調子ですから、じゃあ京や大阪ではどうだったのか?東北では?中国・四国では?…と見ていくと、何か一般化してものを言うことが、いかに難しいかが分かります。

(成行き上、この項さらに続く)


(※)明治44年(1911)に出た『東京年中行事』(若月紫蘭著、平凡社東洋文庫所収)には、「東京では陽暦の七月七日を七夕と言っている。けれどもこの星祭は今はほとんど廃れてしまって、昔に見たような立派な光景は先ずないと言ってもいい。〔…〕七、八年前までは、方々の河岸あたりではこの七夕祭の飾りを少しは見かけたようであるが、今はほとんどこれを見ることが出来なくなったのは惜しいことである。」とあります。